ニュース

人食いバクテリア原因・症状・予防 風俗店でのフェラチオが原因の例も!

人食いバクテリア(A群溶血性連鎖球菌)の電子顕微鏡写真

人食いバクテリア」と呼ばれる「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は、急激に手足の筋肉が壊死(えし)したり、多臓器不全などの症状がみられ、致死率は30%以上ともいわれている。

国立感染症研究所によると、2015年の患者数が、8月9日までに全国で279人にのぼり、まだ8月であるのに、調査を始めた1999年以降、年間患者数が最多となっている。

続きを読む

QLOOKアクセス解析