「玉音放送」終戦の詔勅 全文の昭和天皇による録音聞いた?現代語訳も読んだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後70年に当たる2015年の8月1日に、宮内庁が「玉音放送」の録音原盤と音声を初めて公開し、現在、宮内庁ホームページでダウンロードもできるようになっています。

玉音放送の録音原盤

玉音放送(ぎょくおんほうそう・ぎょくいんほうそう)とは、天皇の肉声(玉音)を放送することですが、通常「玉音放送」とだけいえば、1945年(昭和20年)8月15日正午に、社団法人日本放送協会(当時)でラジオ放送された、昭和天皇による「大東亜戦争終結に関する詔書」の音読放送のことを指すことは皆様ご存じのとおりです。

スポンサーリンク

前日の1945年8月14日深夜に、宮内省内廷庁舎(現宮内庁庁舎)で昭和天皇が音読されたものが録音され、ラジオ放送されたそうです。

映画やドラマでも終戦といえば必ず出てくるのが、この玉音放送を国民がラジオで聞く場面ですよね。

でも玉音放送の全文を読んだり聞いたりした方は、意外に少ないのではないでしょうか?ましてや、昭和天皇の肉声で全文を聞く機会は、戦後生まれであれば、これまでありませんでした。

日経新聞サイトの戦後70年特集で、玉音放送の全音声・全文・現代語訳が掲載、興味深い関連記事がいくつもあり、いろいろ考えさせられました。

また、太平洋戦争の経緯と戦死者数の年表を作成しましたので、あわせてご覧ください。

やはり、原爆投下がなければ日本は戦争をやめられなかったのか

玉音放送全文を読み、関連する記事を読んで一番印象に残ったのは、「やはり、原爆が投下され、想像を絶する悲惨な体験を国民にさせなければ、日本は戦争をやめることができなかったのか」という、やるせない思いです。

とりわけ、原爆で人間の尊厳のかけらもないような死に方を強いられた犠牲者の方々、そして、生き残った方々がその後一生背負ってこられたであろう重荷を思うと、この記事を書きながらも涙が出てきます。

玉音放送の全文を読むと、戦争で戦ってきた国民に非常に気を遣った表現になっています。

原爆については、「敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用」と言及されており、原爆による被害が甚大⇒戦争を継続すれば、民族滅亡、人類文明の破壊を招く⇒そのようなことになっては万民を守り、歴代祖先の霊に謝罪できない⇒敗戦を受け入れるという流れで、国民を説得しています。

終戦に至る経緯については、別記事にしたいと思いますが、昭和天皇ご自身は、原爆投下の前から終戦を願っておられたようです。しかし軍部は、8月6日広島、8月9日長崎への原爆投下を経た後も、なお戦争継続を主張し、本土決戦、一億総玉砕でも構わないと暴走していました。

実際、この玉音放送を妨害しようとして、陸軍の将校が15日午前1時に皇居内を占拠したり、午前4時ごろに放送会館にも乱入したりと、緊迫した状況があったことは今回初めて知りました。(この将校たちは全面的に鎮圧され、自決しました。)

こう見ると、原爆投下されても、もはやブレーキが効かなくなっていたわけですが、玉音放送で上記のように原爆に言及されたことで、一般国民レベルでは敗戦を受け入れやすくなったのではないかと感じました。

玉音放送があったから終戦時の大きな混乱を避けられたのでは

終戦が決まった後は、クーデターなどのさらなる大きな反乱がなかったのは、この玉音放送のおかげでもあるのではと思います。当時の国民にとって特別な存在であった天皇陛下自らが、終戦を決意し、時局の混乱を戒め、今後の再建に向けて国民に呼びかけられたことは国民の心に響いたことでしょう。

敗戦を受け入れ、焼け野原のどん底から立ち直って数十年で日本を経済大国・技術立国にしたことを思うと、当時の日本人の素直さ、勤勉さ、実直さには深く心を動かされます。

平和のために

当時の日本人にとって絶対的な存在であったはずの天皇陛下の終戦宣言を妨害してまでも、一億総玉砕に向かう戦争を続けようとした日本人がいたことは驚きでした。

ひとたび戦争が始まってしまえば、このような人々を抑制することは困難です。武器を持って戦うことは決してしてはならないという意思を持っている人でない限り、つまり条件付きの戦争を認める人の中には、いざとなれば玉砕でも構わないと思っている人々も混じっていること、戦争になれば集団の圧力が働いて、素直な日本人は狂気の方向へも走りかねないことを忘れてはならないと思います。

平和のためには知識と教育、そして信念が欠かせません。

初公開された「玉音放送」をきっかけに、戦争と平和について、じっくり考えてみるのはいかがでしょうか?

最近の動向に関する 安保法案 違憲性を無視する日本は「法治国家」でない? の記事もどうぞご覧ください。

↓記事拡散よろしくお願いします。^^↓editor
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

QLOOKアクセス解析